環境問題を解決したい元コンサルタントの日記

日頃の経験、発見や疑問をコンサル目線で発信したり、植物観察日記、グルメネタといった内容まで、幅広く発信しています

6月末から順次発送予定!ライソンの家庭用コーヒー豆焙煎機の機能と改善してほしい点を紹介!

f:id:fortunate-seeds:20190320124733j:plain

クラウドファンディングサイト「Makuake」で募集を開始していたライソン株式会社の家庭用コーヒー豆焙煎機「ホームロースター」のクラウドファンディングですが、目標金額300万円に対して支援金額1,000万円を突破しました。発送は6月末のようです!

焙煎機はプロ仕様の高額なモノが多く、コーヒー好きとはいえ、なかなか手が届かない商品でしたが、このホームロースターは販売価格2万円という破格の値段設定だったため、注目していました。

ここでは製品機能から、ここを改善してくれればより良くなるのに・・・という点までご紹介します。

 

 

1.目標300万に対して1,000万円以上の支援金

3月15日~5月10日という期間で募集を開始していましたが、3月19日時点で支援金額が1,000万円を超えたようです。
ライソン側もこの反応には驚きを隠せないようですが、どれだけの人がこの製品に注目しているかが分かりますね。

 

そもそもライソン株式会社は調理家電や生活家電といったラインナップを有するメーカーですが、顧客から「ポップコーンメーカーを利用した低価格の焙煎機を作ってくれないか」との要望があり、本製品の開発をスタートさせたようです。

 

2.安価!手軽!本格焙煎!

コーヒー好きな人が試したいことといえば・・・やはり「自宅焙煎」ですよね!
ですが、焙煎機といえば100万円以上する業務用の大きなモノや、家庭用であっても高価であったり、安くても掃除が面倒なものが主流でした。

自宅焙煎はやろうと思えばフライパンでもできますが、チャフ(焙煎時に出る豆のカス)が飛び散って掃除が面倒であったり、自分の耳で最適なタイミングを計らなければならなかったので技術が必要でした。

例えば、こんなのですね↓

合わせ豆煎り(手網焙煎器) 大

新品価格
¥1,290から
(2019/3/20 14:00時点)

KALDI (カルディ) Coffee Roaster (コーヒー ロースター ) ミニサイズ (200~250g) ホームロスティング [並行輸入品] (マニュアル)

新品価格
¥27,900から
(2019/3/20 13:56時点)

そんな中登場した本製品は、販売価格2万円という驚きの金額で本格焙煎ができることが魅力です

機能面も充実しており、ボタンひとつで「中深煎り」と「深煎り」を選択でき、あとは勝手に焙煎してくれるという優れモノ!
しかも、掃除がとても面倒だったチャフも専用のフタの中に集まるように設計されており、お手入れも簡単にできそうです!

価格面、機能面からみても欲しくなる製品ですね!

 

製品画像や詳しい機能説明は会社HPをご覧ください↓

https://www.lithon.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/03/cdec3325f83da55ef848a0a0aae818c9.pdf

 

3.温度設定を調節できればなお良し!

焙煎は高度な技能が必要なプロセスで、ボタンひとつで適切にコントロールしてくれる本製品は大変魅力的ですが、コーヒー好きとしては「自分好みの焙煎をしてみたい」という欲がどうしてもあります。

また浅煎りが好きな人はどうしたらいいんでしょうですかね・・・

 

設計的に難しいのかもしれませんが、焙煎温度設定用のツマミを付けてくれるとなお良いような気がします!コーヒー豆によっても最適な焙煎温度というのは異なると思いますので、コーヒー好きな人にとっては絶対に嬉しい「セルフ焙煎機能」もぜひ付けて下さいライソンさん(笑)

 

4.さいごに

コーヒー好きとしてはやっぱりやってみたい自宅での焙煎!私だけではないはずです!
ライソンの「ホームロースター」の発売決定で、自宅での焙煎がかなり身近になりましたね!

いやー、一般販売が待ち遠しいです!!コーヒー界にあたらしいウェーブをもたらしてくれることを期待しています!

ここまで読んで下さりありがとうございました!

 

参考URL:https://www.makuake.com/project/lithon/

 

◆Twitterやってます!たまにつぶやきますのでフォローお待ちしております!

 

◆ブログランキングに参加しています!この記事について「いいね!」とお思いになりましたら、是非ともサイドバーより応援クリックをお願いします!

スポンサーリンク