環境問題を解決したいコンサルタントの日記

日頃の経験、発見や疑問をコンサル目線で発信~This blog is to deliver information from the point of view of a consultant.

ホンダがPHVを発売!トヨタのプリウスPHVと性能や価格を比較してみた

f:id:fortunate-seeds:20180719184342p:plain

 

ホンダが2018年7月20日(金)に家庭でも充電可能なプラグインハイブリッド車(PHV)として「クラリティPHEV」の一般販売を発表しました

プラグインハイブリッド車の国内市場では、トヨタ自動車のプリウスPHVが先行していますので、性能や価格を比較してみました

 

 

1.ホンダのクラリティPHEVについて

ホンダは2030年に四輪車でグローバル販売の2/3を電動化することを目指しており、達成のために「EV開発室」を設置し、FCV(燃料電池自動車)に加え、EV(電気自動車)の開発を強化していくとしていました

 

そんな中で発表したクラリティPHEVの概要は以下となります(参考のため、トヨタ自動車のプリウスPHVタイプSと比較)

  クラリティPHEV プリウスPHV
全長(m) 4.915 4.645
全幅(m) 1.875 1.76
全高(m) 1.48 1.47
重量(kg) 1,850 1,510
乗車定員(人) 5 4
駆動方式 FF FF
総排気量(L) 1.496 1.797
ハイブリッド燃料消費率(km/L)※JC08モード 28 37.2
EV航続距離(km)※JC08モード 114.6 68.2
希望小売価格(円・税込) 5,880,600 3,261,600

 

出所:本田技研工業HPトヨタ自動車HP


2.EV航続距離114kmが魅力、急速充電器も配備

上級セダンだけあって価格はお高めですが、EVでの航続距離114.6km(JC08モード)を実現している点に注目です

 

これだけの航続距離があれば、ちょっとした遠出でも充電の心配なく移動することができるでしょう
環境対応車選びの選択の幅が拡がることは消費者にとっても良いことだと思います

 

また、ホンダはクラリティPHEVの発売に合わせて、急速充電器の配備も進めていくと発表しており、今後ますます電動車の普及を加速させていくと考えられます

 

出所:本田技研工業HP「ニュースリリース」

 

3.PHVの世界市場について

富士経済のレポートによると、2035年にはPHVの世界市場は、2016年比で540万台(18倍)になるといわれています

現在は欧州が世界市場規模を維持していますが、中国市場も販売数が拡大しており、今後の動向に注目です

 

出所:富士経済HP「HV、PHV、EVの世界市場(販売台数)を調査」 

 

以下の記事もご参考として下さい

www.fortunate-seeds.com



ここまで読んで下さりありがとうございました

 

◆ブログランキングに参加しています!
サイドバーより応援クリックをお願いします!!

スポンサーリンク